「新規開業ローン」についてのQ&A

 「新規開業ローン」について、よく出てくる質問と答えを載せておきます。

Q1:日本政策金融公庫の国民生活事業の新規開業ローンの特徴は?

A:固定金利なので返済終了まで契約時の金利が適用される

A:事業資金として返済期間を長期で組むことができる

A:元金返済の据置期間を1~3年以内で設定できる

A:事業を始めて5年までの人が利用できる


Q2:個人で起業するのと法人で起業するのとでは、融資の申込みをする際に何か違いはある?

A:融資の申込みは、個人と法人に特に大きな差異はありません。差異を挙げるとすれば、法人の申込は履歴事項全部証明書か登記簿謄本が必要なことくらいです。融資で個人が有利になったり法人が有利になったりすることはありません

スポンサードリンク

 Q3:創業予定地が決まっていない場合、申込めない?

A:創業予定地が未定であれば、資金計画を定めることができません。収支計画の売り上げや経費の予測を立てることもできませんから、事業計画がきちんとまとめられません。そこで、新規開業ローンを申込む場合は最初に出店地が決定してからがベストです。

Q4:融資の申込みはどこの支店でもいい?

A:個人で申込む場合なら、創業予定地を管轄している支店です。一方、法人で申込む場合は、法人登記上の本店の所在地を管轄している支店です。申込む前の相談であれば、最寄りの支店でOKです。

スポンサードリンク

☆☆☆プロミス「レディース」☆☆☆
SMBCコンシューマーファイナンスのサービスブランド「プロミス」が女性専用のキャッシングをしています。30日間無利息サービスの詳細はプロミス公式サイトをご確認ください
プロミス「レディース」 ☆☆☆話題の「モビット」☆☆☆
この広告、おなじみですよね
【モビット】>ネットで24時間お申込OK< 安心のサービス




この記事のタグ

サイト内関連記事

事業資金融資の手続き
 では、日本政策金融公庫の国民生活事業の融資制度や事業資金融資の利用手続き方法を......
創業準備のポイント(1)
 起業を決めたあと実際に起業するまでに、準備しなければならないことがいくつかあり......
創業準備のポイント(2)
 起業準備の1つに従業員の確保があります。自分の事業展開に必要な人材のイメージを......
「販売計画」を立てる
 起業を計画している人は、まず事業計画をきちんと立てるべきです。事業計画の中で、......
「仕入」と「資金計画」
「仕入」は、販売や利益に直接影響する重要項目です。ですので、次のことをきちんと検......
事業計画書の作り方
 「事業計画書」は、起業する人が思い描いている事業をどのように実現させていのか書......
「新規開業ローン」の利用手続き
 起業に必要な「新規開業ローン」の利用手続きは次の通りです。  融資制度や申込手......

関連ニュース

▲このページのトップへ