「仕入」と「資金計画」

「仕入」は、販売や利益に直接影響する重要項目です。ですので、次のことをきちんと検討してください。

「何を」・・・売れ筋の商品や販売戦略に即した商品が必ず確保できるかどうか検討します。商品がないと売り上げゼロです。

「どこから」・・・必要な商品を、必要な時期に、安定供給できる仕入先を、どうやって確保できるか。

「どんな条件で」・・・支払いは現金か、買掛や手形払いはできるのか。これも確認しておきます。

「計画的に」・・・過剰在庫を抱えると資金繰りに大変なことになる恐れがあるので、計画的に仕入れすることが大切です。

スポンサードリンク

 起業に際してどれくらいの資金が必要で、その資金をどのように調達するかという「資金計画」も重要です。

 起業に必要なすべての資金とその調達方法について、次のことを表にまとめてみましょう。過不足が見えてくるはずです。

 必要な資金は、設備資金の場合なら店舗や備品、工場、機械、車両などにどれくらいの金額がかかるか検討する。そして、調達方法を検討する。自己資金なのか、日本政策金融公庫の国民生活事業から借入するのか、どれくらいの金額なのか、といったことを検討します。

 運転資金の場合では、商品の仕入や経費の支払のための資金がどれだけかかるか検討します。そして資金の調達方法と金額を検討します。

 ところで自己資金はどれくらい用意すべきなのでしょうか。

 2007年度に国民生活金融公庫が実施した「新規開業実態調査」によると、自己資金の割合は、創業資金総額の29%だったそうです。自己資金以外は、55%が金融機関からの借入金、残りの16%がそのほかとなっています。「そのほか」というのは家族や親戚からの出資、または無利息・無期限の借入金などが含まれます。

 起業後に事業が順調に伸びて、安定した資金繰りができるようになるまでには、予想以上の時間がかかるものです。借入金を返済したり、予想外の出費が重なったりして、資金繰りが大変苦しくなるなどの非常事態や問題が生じてくるものです。そこで、万一の不測の事態に備えて、経費の数ヵ月分は蓄えておくなどして、ゆとりある資金計画を立てるべきです。

スポンサードリンク

☆☆☆プロミス「レディース」☆☆☆
SMBCコンシューマーファイナンスのサービスブランド「プロミス」が女性専用のキャッシングをしています。30日間無利息サービスの詳細はプロミス公式サイトをご確認ください
プロミス「レディース」 ☆☆☆話題の「モビット」☆☆☆
この広告、おなじみですよね
【モビット】>ネットで24時間お申込OK< 安心のサービス




この記事のタグ

サイト内関連記事

事業資金融資の手続き
 では、日本政策金融公庫の国民生活事業の融資制度や事業資金融資の利用手続き方法を......
創業準備のポイント(1)
 起業を決めたあと実際に起業するまでに、準備しなければならないことがいくつかあり......
創業準備のポイント(2)
 起業準備の1つに従業員の確保があります。自分の事業展開に必要な人材のイメージを......
「販売計画」を立てる
 起業を計画している人は、まず事業計画をきちんと立てるべきです。事業計画の中で、......
事業計画書の作り方
 「事業計画書」は、起業する人が思い描いている事業をどのように実現させていのか書......
「新規開業ローン」についてのQ&A
 「新規開業ローン」について、よく出てくる質問と答えを載せておきます。 Q1:日......
「新規開業ローン」の利用手続き
 起業に必要な「新規開業ローン」の利用手続きは次の通りです。  融資制度や申込手......

関連ニュース

▲このページのトップへ