「太陽に向かって」

 「太陽に向かって」は、「天国の階段」で一躍有名になったクォン・サンウの初主演だったことでも知られます。

 このドラマは、亡くなった父親の夢を追いかけて海軍に入隊した熱血漢の主人公をはじめ、若者たちの夢や希望、試練や挫折、そして愛を豊かに叙情的に描いています。

 ソンミン(クォン・サンウ)は、幼少期に両親を亡くしたため、妹の親代わりになって育ててきました。そして、父の遺志を継ぐために海軍に入隊します。

 情熱的な性格のソンミンは、洗練された外見とは裏腹に、考えるよりもまず行動というタイプなので、周囲と衝突することが多いキャラクターです。しかし、一度引き受けたことはどんな障害が起きても絶対に達成しようとする誠実な面も持ち合わせています。

スポンサードリンク

 ある日のことです。ソンミンは女医のへリン(ミョン・セビン)に一目惚れします。そして、彼女に自分の気持ちを打ち明けて、果敢にアタックします。しかしへリンはソンミンを受け入れません。実はへリンはわずか1年前に交通事故で婚約者を亡くしていたのです。

 「太陽に向かって」が描くテーマは壮大です。それは、過去に負った心の傷を癒せるのは「愛」だけであり、愛すれば愛するほど希望が見えてくる、ということです。このテーマを、たくましく生きてゆくキャラクターを通して主張しています。

 苦しい試練を乗り越えた先で見える「愛」の価値を実感できるドラマです。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

ファンタスティック・ラブストーリー「千年の愛」
 「千年の愛」の特徴は、660年から現代にステージを移す、時空を超えたファンタス......
「ごめん、愛してる」
 恋愛ドラマ「ごめん、愛してる」は、韓国KBSで2004年に放送されました。ソ・......
「悲しき恋歌」
 「悲しき恋歌」は感動作です。涙なしに見ることはできません。ハンカチを持って見ま......

関連ニュース

▲このページのトップへ