「悲しき恋歌」

 「悲しき恋歌」は感動作です。涙なしに見ることはできません。ハンカチを持って見ましょう。

 あらすじです。

 1988年、ジュンヨン(グォン・サンウ)は、水商売をしている母ソ・ヒャンジャの下でケンカの絶えない毎日を送っていました。母が米兵相手の売春婦をしていたので、それを理由にジュンヨンは小学校でいじめに遭っていたのです。ジュンヨンは自分がいじめられる原因は母にあると思って、母を憎んでいました。

 ジュンヨンが10歳の秋のことです。クラブ歌手ミシュクが、母のいるクラブに姪のヘイン(キム・ヒソン)を連れてきました。

 この瞬間こそがジュンヨンの運命の恋人となるヘインとの初めての出会いでした。

スポンサードリンク

 ジュンヨンは愛情を感じる機会がないまま育ったので、素直さがなくなっていました。しかし、盲目のヘインとの出会いで、少しずつ心を素直に開いていきます。

 と同時に、ヘインとの愛をゆっくり育てながら、ジュンヨンは、自分の中に眠っていた音楽の才能を開花させ、磨いていきます。

 ジュンヨンが17歳の時、ミシュクが夜逃げしてしまいます。ヘインも何も告げずに去ってしまいます。

 その後、世間をさまよっていたジュンヨンは、実の父に身元を引き取られます。その際に名前を「チェ・ジュンギュ」に変えて、全く新しい人生の一歩を踏み出しました。新しい学校で、運命の親友となるゴンウ(ヨン・ジョンフン)に出会います。

 とはいえ、ジュンギュはヘインを忘れられません。そんなある日のことです。ヘインと劇的な再会を果たします。数日後にアメリカに渡るヘインですが、別れる前に2人だけで結婚式を挙げます。

 ジュンギュは、一流のギタリストになるために猛烈に勉強して、ソウル大の器楽課の合格を目指します。ところが、不意の不慮の事故に遭い、大切な実技試験が受けられなくなってしまいます。

 愛する人も人生の夢も失って、絶望のどん底に突き落とされるジュンギュですが、ニューヨークでヘインと再会を果たします。しかし、ヘインは親友ゴンウと交際していたのです。

 こうして男女の悲しくも切ない恋愛物語が幕を開けていきます。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

ファンタスティック・ラブストーリー「千年の愛」
 「千年の愛」の特徴は、660年から現代にステージを移す、時空を超えたファンタス......
「ごめん、愛してる」
 恋愛ドラマ「ごめん、愛してる」は、韓国KBSで2004年に放送されました。ソ・......
「太陽に向かって」
 「太陽に向かって」は、「天国の階段」で一躍有名になったクォン・サンウの初主演だ......

関連ニュース

▲このページのトップへ