韓国ドラマの裏話から魅力までたっぷり紹介するサイトです。

スポンサードリンク

 韓国ドラマというと、何が浮かびますか。以前は暗い内容が多く、衝撃的な話の「メロドラマ」が主流でしたが、今は「ラブ・コメディ」なども放送されています。

 韓国ドラマの特徴は、視聴者の意見を大切にしていることです。視聴者のネットへの書き込みなどをチェックして、ドラマに反映させたりしています。

 製作するテレビ局は、韓国放送公社(KBS)と文化放送(MBC)、SBSの3つが有名です。日本と違って、60~70分の番組を週に2回も放送することがあります。

 日本で最初に放送された韓国ドラマは、福岡の「TXN九州」の開局5周年記念の「ミニシリーズ」というドラマです。チェ・スジョンやキム・ヘス、ハン・ソッキュなどなど、韓国の有名な俳優さんが大勢出演したドラマです。

 のちにハン・ソッキュが映画「シュリ」に出演したことは有名です。

 そして、何と言っても2004年4月からNHKで放送された「冬のソナタ」が韓国ドラマの大ブームにつながりました。

 さらには、「秋の童話 オータム・イン・マイ・ハート」や「四季シリーズ」、「千年の愛」、「私の名前はキム・サムスン」、「宮廷女官チャングムの誓い」、「パリの恋人」、「復活」、「魔王」、「バリでの出来事」、「天国の階段」、「イヴのすべて」、「ごめん、愛してる」、「1%の奇跡」、「その女」、「ナイスガイ」、「悲しき恋歌」、「猟奇的な彼女」、「フルハウス」、「宮~Love in Palace」、「ぶどう畑のあの男」、「コーヒープリンス1号店」、「人魚姫」、「太陽に向かって」などが有名です。

スポンサードリンク

関連ニュース

▲このページのトップへ