シミやしわになる理由

 紫外線を浴びると、どうしてシミやしわ、そばかすなどができるか知っていますか?

 紫外線を浴びると、お肌の水分が奪われて、肌が乾燥してしまいます。

 シミやしわの大敵は乾燥です。

 紫外線によってお肌の水分が奪われて、乾燥肌になることで、シミやしわ、そばかすなどができてしまうのです。

 夏は冷房が効いている室内で過ごすことが多くなります。冷房によってもお肌から水分が奪われて乾燥します。

 夏は冷房による乾燥と強烈な紫外線による乾燥というダブルパンチで、お肌の乾燥を促進させてしまって、いつも以上にシミやしわができやすくなるのです。

 だから、夏が終わって秋になるころ頃に、「あれっ!? 何で急にこんなにシミやしわができているんだろう? グッとふけこんじゃってる」とショックを受けるのです。

 紫外線や冷房によるお肌の乾燥を避けるためには、お肌の保湿が何よりも大切だということが、これでご理解いただけたかと思います。

この記事のタグ

サイト内関連記事

紫外線の季節はいつ?
 3月になると、私は思うんです。「紫外線が気になる季節になってきたなぁ~」って。......

関連ニュース

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

紫外線対策マニュアル:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.u-r-u-m-a.co.jp/shigaisen/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。