クラミジアの症状

 性器クラミジアは男性にも女性にも発症します。発症までの潜伏期間は1週間から3週間くらいです。

 自覚症状がないので、知らないうちに進行するのが特徴です。この間に恋人に感染させて大変なことになったりします。

 悪化させてしまうと、恐ろしいことになります。男性の場合は不妊を招くことがあります。女性の場合はやはり不妊を招くことがありますし、さらには流産や子宮外妊娠という事態に展開することもあります。

 女性が妊娠中に感染してしまうと、赤ちゃんに肺炎や結膜炎を生じさせる恐れがあります。

 誰も幸せにしない病気です。
 

この記事のタグ

サイト内関連記事

クラミジアの傾向
 クラミジアに感染した人の12%が10代です。......
クラミジアの治療
 抗生物質の服用で治ります。服用期間は2~3週間です。  性感染症すべてに言える......
クラミジアの感染ルート
 クラミジアの感染ルートは一般的にはセックスです。しかし、セックスは性器の結合だ......

関連ニュース

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

性感染症になったら:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.u-r-u-m-a.co.jp/seikansen/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。