何を信じればいいの?

 中国製冷凍ギョーザに農薬メトミドホスが混入し、食の安全が揺らぎはじめたのが2008年の初めです。この事件のあとも性懲りもなく産地偽装事件が相次いで発覚したり、食べ物の使い回しをしていた老舗料亭が廃業するなど、食の安全が崩壊したと言っていい状況です。私たちはいったい何を信じればいいのか分からなくなっています。

 このサイトでは、安心安全の国産食材について調べた情報をお伝えしていきます。安心安全の食事をするための羅針盤になるサイトです。

食材は信頼できる業者や生産者から買う

 結局、信頼できる業者や生産農家を見つけて、そこから食材を買うのが一番です。このサイトを運営している私自身は知り合いのコメ農家から玄米を直接買っています。玄米以外の食材は、このサイトで紹介する業者にインターネットで注文したり生協から買ったりしています。

 食べ物は私たち人間の基盤を築いてくれます。だからこそ、私たち人間はできる限り食べ物に関心を持って、いい食材を取り寄せるべきです。何も高価である必要はありません。安心して食べることができる安全な食材であればいいのです。そして、意外に簡単に手に入れることができるのです。


ニュース


ページのトップへ▲

相次ぐ産地偽装事件
2008年
2009年
安心安全の国産食材を求めて
国産食材オイシックス
千葉の無農薬野菜ミレー
有機・低農薬野菜らでぃっしゅぼーや
有機野菜おうちでワタミ
ベネッセの食材宅配
天然ミネラル水コスモウォーター
東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城・山梨・群馬・福島・静岡の人向けの生協
パルシステム生活協同組合連合会
茨城・栃木・群馬・千葉・埼玉・東京・長野・神奈川・静岡・山梨・新潟の人向けの生協
生活協同組合連合会コープネット事業連合